長男夫婦が長年に亘って同居しながら父親の世話をしてきました。父親が亡くなって遺言書はないのですが、長男夫婦は、自分たちが住んでいる父親名義土地建物は自分たちが相続すると言い張ってききません。やむを得ないのでしょうか。

遺言書がない場合は、原則として法定相続分に基づいて遺産分割がなされるべきです。被相続人の世話をしてきたということで、特定の相続財産をすべて相続したい旨の主張はしばしば耳にしますが、その主張には理由がありません。せいぜい寄与分の主張が認められる可能性がある程度ですが、寄与分はそう簡単に認められませんし、認められたとしてもせいぜい1,2割多くなる程度で、すべての財産を取得するというところまで認められるということはありません。

アクセス

大宮駅徒歩4分

埼玉県さいたま市大宮区宮町2-10
シンテイ大宮ビル2F(地図はこちら
TEL:048-650-0606
FAX:048-648-0733

【交通】

JR・東武鉄道・埼玉新都市交通「大宮駅」徒歩4分

アクセス

川越駅徒歩2分

埼玉県川越市菅原町23-11
菅原ビル4階(地図はこちら
TEL:049-277-4253
FAX:049-277-4254

【交通】

JR・東武鉄道「川越駅」徒歩5分

私たちにご相談ください。

無料相談受付中

初回60分無料

アクセス

大宮駅徒歩4分

アクセス

川越駅徒歩5分

  • 法律相談カード

    来所の際は法律相談カードをご持参いただきますとご案内がスムーズです。
    また、法律相談に関する資料などをご持参頂くと、より有益なアドバイスができます。

お客様対応エリア
埼玉県をはじめ栃木、群馬、茨城、東京の方にもご利用いただいております。お気軽にご相談ください。

路線図

事案により他の専門家との連携が必要な場合、当事務所の専門家ネットワークでの対応が可能です。