遺留分減殺請求

遺留分減殺請求とは、遺留分を主張する人が、遺留分を保全するのに必要な限度で、遺贈及び民法1030条に規定する贈与の減殺を請求することです。具体的には、自らの遺留分が無視された遺言書が発見された場合、遺産を相続する他の共同相続人に対して自らの遺留分を主張することになります。相続の開始及び減殺すべき贈与または遺贈があったことを知った時から、1年間行使しないときは、時効によって消滅してしまいますので、速やかに行使をしなければなりません。

私たちにご相談ください。

無料相談受付中

初回60分無料

アクセス

大宮駅徒歩4分

  • 法律相談カード

    来所の際は法律相談カードをご持参いただきますとご案内がスムーズです。
    また、法律相談に関する資料などをご持参頂くと、より有益なアドバイスができます。

お客様対応エリア
埼玉県をはじめ栃木、群馬、茨城、東京の方にもご利用いただいております。お気軽にご相談ください。

路線図

事案により他の専門家との連携が必要な場合、当事務所の専門家ネットワークでの対応が可能です。